sudoersファイルを書き間違えてsudoできなくなる

openstackを設定するのにsudoers.dを書いてたんですけど、まちがってdevstackのstack.shを動かしてしまったくらいのタイミングで、下のような感じになってしまい、同じ定義を2回しようとしてるよ、と怒られてsudoできなくなりました。

ちなみにこの#はコメントではないようです。
sudo の設定は visudo を使わずに sudoers.d に書く

ここで、rootにパスワードが設定してあれば、suできるんですが、そうでない場合、sudoできなくて終わります。
(終わるよね? 他に方法ある?)

で、終わるわけにはいかないので、起動ディスクを使ってsudoersを修正しました。

#. ubuntu live cd で起動する。
#. インストールせずに試す、で起動。
#. gnome-terminal
#. sudo apt-get install mdadm lvm2
#. あとはお好きに。

うちのはmdでraidにしてあったので、適当にmd0を作って、

sudo mdadm –assemble /dev/md0 /dev/sdc2 /dev/sdd2
sudo lvscan
sudo mount /dev/VolGroup00/LogVol01 /mnt
# sudoerなどを編集
sudo umount /mnt

# 本当はこれをしたいのだけど、失敗する。lvmが動いてるから??
# sudo mdadm –stop /dev/md0