Azure Storage Emulator + UseDevelopmentStorage=trueで400 httpエラーになる。

storage client libraryのバージョンが新しいと、Storage Emultatorの開発ストレージ(CloudStorageAccount.DevelopmentStorageAccountとか、ConnectionStringがUseDevelopmentStorage=trueで使えるやつ)との通信がエラーになる。

Windows azure storage DevelopmentStorageAccount CloudTable.CreateIfNotExists() always get 400 http error

対処法としては、バージョンダウンさせるか、Windows Azure Storage Emulator 2.2.1 Preview versionを使う。
今回はPreviewVersionを使って動作確認しました。手動コピーしないとだめなのでちょっと面倒ですけどね。

Download Windows Azure Storage Emulator 2.2.1 Preview from Official Microsoft Download Center

Pebble

最近はVisualStudio2012でASP.NETで大乱闘してやばいのですが、ふと現実逃避しているとtwitterでまさかの人がまさかのVisualStudio発言をしていてリプ投げたら、pebbleなるものを投げ返してきました。

Pebble Smartwatch | Smartwatch for iPhone & Android

自分でお手軽にプログラムできるデジタル時計です。

で、画像の1つもおかずに、以下はメモです。

memo pebble

JenkinsでWindows Slaveを使いbitbucketのgitリポジトリを取得してビルドする。

Windows Server 2012にjenkins slaveを動かし、asp.net mvcのプロジェクトをbitbucketのプライベートリポジトリから取得して、ビルド、テスト、azure websitesにデプロイしてみる。

ロジェクトを発行してazureにデプロイできる前提です。

1. ノードの追加
=========================
jenkinsはlinuxサーバー上にあるので、ノードの管理>新規ノード作成からwindows server 2012のサーバーを追加

* JNLP経由でスレーブを起動するよう設定
* ここのツールの設定は設定しなかった。

2. jenkinsのシステム設定
=========================
jenkinsの設定>システムの設定>Gitに対象のサーバー用のgitを追加。

:Name: git
:Path to Git executable: C:/Program Files (x86)/Git/cmd/git.cmd

git.cmdの中身はこんな感じ

このjenkinsのスレーブはAdministratorで動かすので、HOMEにC:\Users\Administratorを設定する。
C:\Users\Administrator\.sshを作って、ssh-keygenで鍵を作り、公開鍵をbitbucketに登録する。

3. ジョブの追加
=========================
ジョブを追加して設定を開く

ソースコード管理: Git
—————————
* Repositories: git@bitbucket.org:xxxxx/yyyyyyy.git
* Credentials: なし
* Git executable: 2で追加したgit

ビルド・トリガ
—————————
* SCMをポーリング: H/15 * * * *

ビルド
—————————
ビルド->テスト->デプロイのイメージ。全部Windowsのバッチ処理。

1. restore nuget packages
ビルドするときにも復元してくれるけど、先にやらないとビルドが成功しない・・・。放置。

.nuget\nuget.exe restore xxxxx.sln -ConfigFile -NonInteractive

2. ビルド

“C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\MSBuild.exe” xxxxx.sln /t:build /p:Configuration=”Release”

3. テスト

“C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 11.0\Common7\IDE\CommonExtensions\Microsoft\TestWindow\vstest.console.exe” xxxxx.unittests\bin\release\xxxxx.unittests.dll

4. デプロイ

“C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\MSBuild.exe” xxxxx.sln /p:DeployOnBuild=true /p:PublishProfile=”xxxxx” /p:Password=yyyyy /p:AllowUntrustedCertificate=true

:xxxxx: 発行のプロファイルの名前
:yyyyy: Azureから取得した発行プロファイルの中にあるパスワード

NuGet.exeでパッケージの復元でエラー
============================================
リモートサーバーに接続できないようなエラーがでていたので、確認してみるとファイアウォールに引っかかって失敗していました。
NuGet.exeの通信を許可するよう設定したところうまくいくようになった。

その他
===========
あとはメール通知をしたりして終わり。

そういえば
============
* MSBuildのプラグインがあったけど、以前はうまく動作させることができず、Windowsバッチにしていた。今度暇があれば試してみよう。
* VisualStudioOnlineってこういうことできるのかなぁ。
* デプロイしたサイトに対してseleniumを走らせて、問題なければプロダクション環境の切り替えがしたいなー。
* jenkinsの本を買おうかなぁ。こういうこと書いてるかなぁ・・・。

windows azure websitesでのbitbucketからのデプロイでエラー

ASP.Net MVC4のプログラムをWindows AzureのWebsitesにデプロイしようとAzureでWebsitesを見てみると、bitbucketからデプロイできるようになってました。
前からあったっけ?

普通のデプロイはできる状態だったので、bitbucketからのデプロイにしてみましたが、デプロイ(ビルド)でエラーが・・・!

1. nugetパッケージが無くてエラー

これは、ソリューションから NuGetパッケージ復元の有効化 を有効にするとOKみたいです。
ただ、ソリューションのトップディレクトリに.nuget\NuGet.exeが出力してくれるが、.gitignoreで*.exeとしていたので、デプロイに反映されなくて悩んだ。

2. System.Web.MvcとSystem.Web.Helpersの参照エラー
これはなぜ!?
解決方法がわからず、ローカルでビルドして出力されたdllをコピーして、そちらを参照するよう変更したらビルドできました(当たり前か)。

とりあえず目的は達成出来ましたが、System.Web.Mvcが参照できていないのがいまいち。